スペシャル

スタッフインタビュー

Nab_At (渡辺敦子) さん インタビュー

一番最初にアニメ化が決まった時のお気持ちをお聞かせ下さい。

「ホントに!?」というのが正直な気持ちです。
実は今でも夢なのかもって思ってます。
ただ、私はアニメーターの仕事を長年やっているので、アニメに「飛んでいった!」というよりはアニメに「帰ってきた!」という思いのほうが強いです。
アニメを制作するにあたり、各アニメスタッフに直接お電話させてもらって口説いてきたのですが(笑)原作者がそんなことできるのもアニメ業界に長くいるからならではかなぁと思っています。

今回、原作者であり、アニメのキャラクターデザインとしても参加されていますが、原作とは違うアニメならではの魅力を教えて下さい。

キャラクター設定画を描いている時点では、それほど漫画を描いているのと変わらないなと思っていましたが、それにアニメ色彩設計
のプロが決めた色がつき、アニメ撮影のプロが乗せた特殊効果がついたものを拝見したときは、自分がひとりで描いたものよりずっと
素晴らしいものに仕上がっていて、感動しました。
アニメは漫画と違って、たくさんの人の手によって完成されていくので、様々な才能を持った方が集まり、ひとつのものを作っていく「お祭り感」がとっても楽しいです。

ファンの皆さまへのメッセージをお願いします!

アニメスタッフも毎日楽しく制作しています。
動いて、喋って、歌って、漫画より数倍パワーアップしています!
いよいよ近づいてきたアニメ放映を、楽しみにお待ちください。
アニメ「ピアシェ」開店です!

桜井監督インタビュー

TVアニメ「ピアシェ~私のイタリアン~」の見どころを教えて下さい。

見どころ聴きどころいっぱいですが、原作者の絵がそのまま動いてます。

「プレミアムショートアニメ」という事ですが、この作品の「プレミアム」な部分はどこでしょうか。

作画監督が原作者なところがプレミアム。
美術設定も本編で紹介しきれない程細かく用意してあるところがプレミアム。
劇中音楽も名前を聞いてもどんな楽器か判らないようなものまで使って雰囲気たっぷりプレミアム。

これからアニメを見る皆さまへメッセージをお願いします。

面白くかわいいアニメです。ご家族でお楽しみください。